英会話レッスンの様子#6 Sちゃん&Yちゃん(8歳)その1

みなさん、こんにちは。
BeeBee English Ms.あーやーです。
(・・・今、何か気付きましたか?)

いつもの自己紹介の”Ms.Ayano”を”Ms.あーやー“に変更しました~!(^^)!

きっかけは、新しい生徒が、
「Ms.あーやー、Ms.あーやー」
と元気いっぱい呼んでくれてくれたこと。

色々な呼び名はあるけれど、「Ms.あーやー」がこども達にとって呼びやすいみたいです☆

些細なことですが、親しみのこもった呼び名ってすごくいいな~と思い、改名しました♪

もちろん、今まで通り「Ms.Ayano」「あやの先生」など、呼びやすい名前でもいいですよ~(^^ゞ

 

さあ、今回は双子のSちゃん&Yちゃん(8歳)のレッスンの様子を2回にわたってお伝えします。

Seven Continents(7つの大陸)のおさらいをしているときのこと。

Me:    “So, is Antarctica hot or cold?”(南極って暑いかな?寒いかな?)
Girls: “Cold!!”(寒い)
Me:    “Yes. Penguins and white bears(polar bears) live there, right?”
(そこにペンギンとか白クマが住んでいるんだよね~)

すると、Sちゃん真剣なまなざしで

S:   「人のせいで、白クマとかはえさが取りづらくなっている」
Me: 「そうだね。それは大変だよね。人間が何をしたから、そうなってしまったのかな?」
S:     「車に乗ったりしているから」
Me: 「車いっぱいあるもんね~。じゃあ、全部こわそうか?」
S:     「それはだめ~」
Me: 「じゃあ、どうしよっか・・・」
S:   「火星から、宇宙人を呼んでくる!」
Me: 「火星にいる宇宙人がたすけてくれるの?」
S:     「そう。」
Me: 「そっか。じゃあ、連絡しないとね!だれが呼べるのかな?」
S:   「Sが呼んでくる!」
Me: 「重要な任務だ。よろしくね!」
S:   「うん!」(満面な笑み)

この会話の9割は日本語でした。こどもたちが何かを真剣に考えるとき、その内容を英語で表現できないときは、自分の言葉で自由に表現させています。
ここでのポイントは「能動的な聞き方」。こどもの気持ちを聞き、自分で問題解決ができるように手助けをします。
こどもとの関わりや、夫婦、友人、同僚などさまざまな対人関係でとても有効な方法なので、今度ゆっくり紹介しますね。

この後に、みんなでTwister(ツイスター)をしたのですが、この話題は別の記事でお話しますね~

~追記~

Twisterの話題を投稿しました → 次の投稿記事へ

1 Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s